糖尿病と食事の因果関係|現代病を撃退するには

インスリンと糖質制限

食事

インスリンの働き

糖尿病はそのインスリンの働き・量が衰えている状態で、そのインスリンは血糖値を下げる働きがあります。余った糖が血液に留まっている状態(高血糖)になりやすいわけです。そして、糖尿病の食事療法とは、血糖値を上がらないようにすること、つまり血液に糖が余らないようにすることです。血管内に糖が余っていると、同じく血管内にあるタンパク質と結合して糖タンパクとなってしまいます。それが体に悪さをしそのまま放置しておくと、合併症を引き起こしかねません。その合併症によっては、失明したり足を切断してしまうケースもありますし、最悪の場合命を落としかねません。糖尿病と診断されたら、合併症にならないように食事療法を取り入れることがとても重要なことです。

糖質制限ダイエットとは

一方で、世間で話題となっているものに糖質制限ダイエットがあります。これはご飯やパンなどの糖質を控える代わりに他のエネルギー源(タンパク質・脂質)で補うと言うものです。なぜ糖質を減らすのかというと、血液で余った糖をインスリンの働きで脂肪に変えることが科学的に分かっているからです。そのため血液に糖が余らないようにするのがこのダイエットの主旨です。実はこの糖質制限ダイエットは食事療法にも通じるところがあるため、多くの糖尿病患者も注目しています。糖質制限ダイエットがさらに普及すれば、市場にも様々なサービスを展開する可能性もあります。それが食事療法を受けている糖尿病患者にも恩恵が及ぶ可能性も十分に考えられます。

よく噛んで食べること

ご飯

「よく噛むこと」は糖尿病の食事療法でも有効的だと言えます。インシュリンの分泌を促し、満腹感を得やすくする効果があるからです。そのためには、食器や姿勢を変えたり、調理に工夫を凝らしたりすることで実現できます。

もっと見る

感染症に罹りやすい状態

老人

糖尿病は血糖値のコントロールができない状況であるため、免疫システムがうまく起動できず感染症に罹りやすい状態です。栄養バランスの良い食事でサポートすることが大切です。そこで企業を頼って負担を軽減するのも良いです。

もっと見る

インシュリンカロリー計算

カップル

糖尿病はインシュリンの病気であり、血糖値のコントロールができません。そのため、食事でカロリーコントロールする必要があります。ただ、それを個人でするのは難しいため、専用のレトルト食品やお弁当を利用するのも良いです。

もっと見る